初めて消費者金融を使い始めたたのは20歳のときでした。

37歳 男性

初めて消費者金融を使い始めたたのは20歳のときでした。もともとギャンブル好きで給料をもらっては、無くなるまでギャンブルをする生活の繰り返しでした。
初めての消費者金融での借り入れは10万円でした。借り入れしたお金でギャンブル勝負をして勝てばすぐに返してしまえば勝ち分はそのまま自分のものだと考えてしまい、それを実行した結果見事に成功しました。あまりにも簡単にお金が簡単に手に入れてしまいました。それから、お金がなくなったら借り入れすれば大丈夫と考えてしまいました。それからは、借り入れしたお金で勝負。全額無くなる。また、借り入れする。金額が膨れあがるのはあっというまでした。一年で300万円以上に。
そうなると返済も滞り、どこからも借り入れができない状態に陥りました。
今でも継続中です。
まともな生活はできません。その日暮らしが永遠に続きます。

 

26歳 女性

司法書士事務所で事務の仕事をしていました。
お金を借りる人には様々な人がおり、すでに何社にもお金を借りており返済のためにまた他の会社にお金を借りるという多重債務者や、ショッピング利用が重なり気が付いた時には返済できないほどになっていて債務整理を依頼する事になる人。結婚式の費用を借りた人、家を買うためにお金を借りた人、そもそも過払い金でお金を取り戻せることを知っていてお金を借り続けていた人など様々な理由で消費者金融にお金を借りる人が居ました。過払い金の話を聞いてお金が戻ってくると知って安堵しても、10年以上前の過払い金は時効が成立しており、結局過払い金は戻ってっ来ても少額で費用として払う分を引いたら0円に近いなんてことも。
お金を借りていい事なんてありません。様々な理由があったとしても借りる場所、利用すべきタイミングを間違わないことが一番です。

 

35歳 女性

これは借金をした方全員に言えるかもしれませんが、一括返済ができない以上、借金がなかなか終わらないことです。
毎月の返済額が1万円だったとしても、10万円借りていれば10か月以上かかります。また、毎月の返済額が小さいと、まだいけるだろうと重ねて借金してしまうことです。

すべて返済が終わる前に、新たな借り入れをしてしまい、毎月の支払いが多くなり、非常に厳しい日々を送ることになります。
もし借金をするならば、まだクレジットカードなどにしたほうがいいかもしれません。
リボ払い以外でしたら、一括払いで設定しておけば翌月の支払いになるので、
そこまで使い込むこともしません。
リボ払いは、毎月の返済月が小さく、これまた錯覚を起こさせます。

アドバイスがあるとすれば、借金をしている場合、1社のみにすることだと思います。

東京ロータス法律事務所 危険

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です