ある意味いい経験になった気がします。

女性 38歳

かつて自分の夢を実現するために必要な経費としてクレジットカードのキャッシングを利用したことがあります。金額は総額で50万円ほどでしたが、2社から同時に借りていたので、フリーター当時の給料では返済が大変でした。実家暮らしだった為家賃はありませんが、毎日は昼食を抜かないとならないほどです。割と風邪を引いたり病気がちだったと思います。それでも夢の実現の為と思えば辛くなく、頑張っていられました。むしろその辛い環境こそが夢を追いかける当たり前の姿の様に思い込んでいましたが、やがて夢が叶う可能性が低く自分の才能がない事に気付いた時、返しきれてない借金がとても辛く虚しいものに感じ始めて酷く憂鬱に感じるようになりました。そこからキッパリと夢を諦め、定職につき2年ほどで完済することができました。ある意味いい経験になった気がします。

 

30歳 女性

借金をして返済が間に合わず、他社で借りてそれを返済に充てる。というやり方をして借金が膨大に増えていった過去があります。最終的に4社から借金をすることになりました。借りては他社で借りて返済、その返済に充てるためまた他社で借金をする…収入がなかったわけではなく、きちんと働いていたので収入は安定していました。それでもその収入を借金に充てようという発想にはならず自分の欲に勝てませんでした。欲に勝てない自分が嫌いでしたが、当時の私にはどうにもできなかったのです。借金があることを、親はもちろん友人にも言えずにいましたがそれが1番よくないことだったのかもしれません。私が相談した相手、借金を打ち明けた相手は恋人でした。彼が私の欲を制止してくれ、借金返済の計画を一緒に立ててくれました。1人で悩まず、信頼できる人に相談することが私の借金完済への道でした。

 

61歳 女性

主人がギャンブルにのめり込んでつくった借金を返済しました。
はじめて借金が発覚したのが、子供が大学生・高校生の頃です。200万の返済を促す封筒が届きましたが、当時我が家の家計は火の車でした。下の子も大学進学を目指しておりましたので、まだまだお金がかかる時期にまさかの借金発覚。頭が真っ白になりましたが、ひとまずは借金を返さなくてはという思いが強く、私の両親から預かっていた貯金と私が貯めていたヘソクリを返済にあてました。この時あまり主人を責めることもせずにサッサと返済してしまったのがよくなかったようで、この後も主人が100万単位の借金を作っては私が工面し…の繰り返しでした。もう無理だ、と思い仲人をしてくれた伯父夫婦に相談して主人をガツンと叱ってもらいました。それが懲りたのか、借金グセは今のところ落ち着いています。今まで誰にも言えませんでしたが、無事に返せてホッとしています。