計画を立ててからする事ですね。説得力無いですが。

32歳 女性

自動車の免許を取りたくて半分は家族から借りられたのですがもう半分を用意できなくて仕方なく消費者金融に借金しました。当時働いていたんですが何故か毎月お金がなく、生活費として返しては借りてを何回も繰り返して、完済迄に3年もかかってしまったの今思うと自分は馬鹿だなと思います。その時の教訓が合ったのにも関わらず今も当時とは違う消費者金融から借金をしています。当時は独身でしたが、今は結婚して主人には内緒で借りてます。同じ事を今も昔もやっている私は本当に馬鹿です。今も少しずつ返済はしていますがいったい何時になったら、完済出きるのかは自分でも解りません、こんな私から出来るアドバイスは借金をしなくてはならないならちゃんと計画を立ててからする事ですね。説得力無いですが。

 

20歳 女性

私はまだ20歳という年齢ですが、一時期荒れてしまっていた時期があって親にたくさん迷惑をかけました。私は今はもう更正していてまともになってるつもりです(笑)まともになってからバイトする様になり、そのバイトを始めるきっかけは親への返済でした。借金の額は大体3桁は間違いなくいってました。たくさん迷惑かけて勝手にお金を遣ったりしても私を見捨てなかった親に感謝して恩返しのつもりで返す事を言われてないけれどしました。
私はバイトを始めた頃は学校にも通っていたので全ての時間をバイトに捧げる事は出来なかったので時間も限られていて、返済には結構時間がかかりました。たまに自分の事にも遣いたい…と思う時もありましたがそこはぐっと我慢。過去の自分のせいだと言い聞かせて(笑)無事に今は返済し終えて自分の事に遣えていますが、借金は本当にするものではないです。お金は大切にしなきゃいけないと返済しながら見にしみてわかりました。

 

31歳 女性

借金をしたことで、元々あまり生活が豊かじゃなかったのに、さらに生活が苦しくなってしまって回りの約束をキャンセルしなきゃいけなかったり、飲み会は一次会までにしたり、会社には内緒でダブルワークをしながら、返済をしたり結構大変な目に遭いました。消費者金融で借りたわけではないので、利息がすごいことに…って訳ではなかったのですが、結婚をすることが決まっていたので何とかして結婚までには自分の借金をなしにしたうえに、結婚資金もためないといけない!ということでかなり、しんどかったです。ダブルワークして、在宅でできることもしててつて言う関してかなり働きづめになってしまったので疲れてしまいました。ただ、そのかいあって結婚式までには借金も返済を終えることができ、貯金も少しだけできたので人間尻に火がついたらなんでもできるな…って思いました。

 

女性にお勧めのダブルワーク キューティーワークなら男性会員の質も良いです

今まさに苦労と後悔中です。

38歳 女性

クレジットカードを使うようになり買い物依存症まではいかないですが、あまり考えずにお金を使っていたのだと思います。初めはきちんと計算して使う分の支払いをしていたのですが、クレジットカードの楽さを知り、ポイントも溜まるからとなんでもクレジットカードを使用していたら結局生活費を回して支払い生活費が回らず、クレジットカードを使うと悪循環になってしまってます。きちんと計画的にしなくてはと思うのですが、その為には一旦まとめて支払わなくてはなりません。きちんと使えるようになりたいと常々思っているのですが、今まさに苦労と後悔中です。カードの額を最低限きちんと返せる額に設定しまずはきれいに清算する為に、使わないようにしようと思っています。

 

45歳 男性

元々借金をする予定ではなかったのですが、子供の習い事や学費が年々増えていき仕方なくお金を借りる事にしました。ただ、金融会社から借金をするのは知識がなく怖かったので銀行系のキャッシングでお金を借りる事にしました。最初の内は限度額まで使用したら借り入れ額の増量をすすめる電話がかかってきたので限度額を増やしましたが、ある日電話がかかってきて総量規制にひっかかったから借り入れは一切できず、返済だけしてくださいとの事でした。年商の3分の1以上は貸す事ができないそうでかなり焦りました。普段なら借りては返してを繰り返していましたがそれもできないようになり毎日悩み続けました。結局、親や職場の先輩に頭を下げて建て替えてもらいましたが計画性をもって借金しないと後で困るという事を痛感しました。

 

29歳 女性

現在借金をしていて苦労している者です。というのも20代前半から奨学金を始め、車のローンや遊ぶお金欲しさにいろいろな所からお金を借りていました。しかし結婚をして妊娠している今、働けなくなった私に重くのしかかったのが借金という問題でした。計画的に返せる予定があれば借りるのは問題ではないと思います。しかし私のように、お金に困ったらどこかから借りるといういたちごっこのような借り方をしていたら、いずれ自分が苦しむことになります。まずは金融機関から借りない方法を考えることも大事だと改めて思い知らされました。借金で苦しめられた者としてアドバイスできることは、むやみやたらにお金は借りるものではないということです。

 

 

兄が勝手に母の住む実家を売ってしまいました。

49歳 女性

兄が勝手に母の住む実家を売ってしまい、買い戻すために借金をしました。現在母にはアパートを借りてもらい、実家を賃貸とし、家賃収入で少しずつ借金を返している状況です。しかし、最初に家を借りてくれていた人も、何かと難癖を付けては金銭を要求してきたり、少し難しい人でした。最終的には裁判を起こすと脅されたため、お金を渡して和解したのですが、その時娘に言われた言葉がとても衝撃でした。「お母さんはお人好しだから、そこに付け込まれていつも損をする。今回だって裁判になったら絶対に向こうが負けるんだから、わざわざお金なんて渡さず堂々としてるべきだった。だから借金も減らないんだ。」と。20歳の娘が、自分よりしっかりしている事も驚きでした。お金のトラブルには、これくらいの度胸が必要なんだなと思います。

34歳 男性

どうしょうもなくて、借金するのは、しょうがないが、借りるところ、金利や利息など、返済計画をしっかり考えて、返せる目処が付く、無理のない金額を借りるようにした方がいいと思います。借りるところは、選んで借りないと後で、取り返しの付かない事態になるからです。そして、思わぬ事件に巻き込まれてしまうからです。
金利や利息は、借りた金額に応じてなので、含めて考えていないと、なかなか借金自体の返済にまわらない!返済が終わらない!という事態になるからです。
無理ない金額や返済計画でなければ、返す目処がいっこうに付かずにいっこうに金額が減らないや返済の目処が付かないからです。
以上のことから、借りるところ、金利や利息や金額や返済計画をしっかりを立ててから借りるべきだと思います。

 

24歳 女性

小学六年生の時に、友達が家に遊びにきていて、急にドンドンとノックされ罵声が聞こえて何が何だかわからないまま、無視しました。後から借金取りだったことを知りましたし、借金をしていたなんてまだ小さい私にはわからなかったです。ただただ怖かったです。友達にも怖い思いをさせてしまったなと反省しました。その後も何回かきましたが、慣れるということに対して苦労しました。結局毎回怖かったです。どんな人でも独身でも家族がいても仕事をしていたとしても借金をすることはありえます。しかし、結婚をし、子供がいる人は、どうしようもなくても借金だけはしないでほしいなと思います。怖い借金取りが来ないところだとしても、物心ついた時親が借金していたら心配で怖いです。

ご融資どっとこむ 二次審査

私は今大学生ですが、アコムでお金を借りています。

女性 22歳

私は今大学生ですが、アコムでお金を借りています。毎月、食費や交通費などの出費が多く、また半年に一回は授業料を納めています。もちろん奨学金は借りていますが私立大学のため、授業料が結構高いです。そのため、毎月出費ばかりで少しずつ借金する金額が増えて行っています。このままではダメだと思い、一時は食費を節約しようと試みるのですが、やはり食欲には勝てず、結局自分の食べたい物を買ってしまったりします。私の一番悪いところは、口座を全く分けていないところだと思います。奨学金が振り込まれる口座も貯金する口座も給与用の口座も全て一つになっていて、正直奨学金の方にまで手を出してしまっていました。そうならないよう、これから1人暮らしをする人は、必ず複数個口座を持っておくべきだと思います。

27歳 男性

借金は、住宅ローンや自動車ローンなどのようにしてもいい借金と、趣味・娯楽でするような不必要な借金があると思います。私はどちらも経験がありますが、やはり精神的にきついのは趣味や娯楽でできた借金の返済がきついです。住宅や自動車などのローンは自分の生活に反映されていると思えばいいですが、趣味や娯楽は一時的な感情で物を買ったりして数か月後には使わなくなったりすることもあります。そのとき、なんで購入したのだろうと思うこともありました。生活に必要である借金ならいいと思いますが、不必要なものであれば借金をしないですむ方法を見つけることが一番だと思います。仮に借金をした場合には、計画的に返済していけるかどうかを考えていくことが大切だと思います。

 

40歳 女性

借金をしたのは主人。3社から借り入れをして、総額300万くらいでした。最初は隠してなんとか自力で返済を試みていましたが、家族のお金としてためていたお金を一括で引き落として返済に充てたりしていました。問いただした際に、「友人に貸した」や「急な出費が」などと言い訳をしていましたが、不自然だったため理由を問いただしたところ3社の返済を自転車操業で返済していたことが判明し、それでも回らなくなった為、家族のお金を返済に充てたということでした。すぐに弁護士に相談して、債務整理を行いました。3社分の借り入れを清算し、1社にまとめていただき、1年の返済で月々5千円程度まで削ることができました。さらに、過払い金が70万ほどあり、弁護士費用を差し引いて50万ほど戻ってきました。債務整理は早めに行った方が良いです。

 

専門学校に行くのに、奨学金を借りました。

女性 23歳

専門学校に行くのに、奨学金を借りました。借りるとき、先生から「奨学金は借金と同じだから」と言われました。その時は実感はなかったです。しかし、卒業してから就職すると、返すことになります。通帳からお金を引かれたのを見るたびに、ため息が出ました。お金の管理を怠り、就職して給料をもらうようになってから散財するようになっていました。借りた額は少ないものの、自分で責任とって返すことを頭にしっかりと入れないといけないです。初めて借金といって、わからないでは済まされないんです。そのことがわかった時、きちんとお金の管理をしました。管理できたら、返すのは楽でした。借りる時は、返すことも考えて借りるべきだと思います。

19歳 女性

私の両親が4年ほど前からクレジットカードを使い始めました。その頃はクレジットカードの仕組みを全く知らず、そのカードを会計の時に出すだけで会計が済むものだと思っていました。最近になって、クレジットカードの仕組みを教えてもらいました。現金が使えない時にそのカードを使うことで自動的にお金が借りられ、次の月に使った分を支払うのだと。また、長年使っているとお金を借りられる枠が増えるそうです。そうすると、借りられる分使ってしまい、次の月の支払いが多くなり大変になる、私の両親は今その状況です。クレジットカードを上手く使う分にはいいと思いますが、出来れば使わないことをお勧めします。どうしても使いたいという人もいると思うので、クレジットカードの仕組みをしっかりとわかった上で使ってほしいです。

 

27歳 女性

奨学金制度を利用して大学に通っていました。その後会社員になればさくさく返せるだろうと甘く見ていましたが、利子分とわずかな奨学金を返せているだけで全然減る気配がない。このまま、大学に通っていただけなのに借金をかかえたまま婚活などしていたらマイナスでしか無いと不安になって、全力で生活改善を行いました。
まず、一人暮らし自体が金がかかるので実家に甘えさせてもらうことに。家にもお金入れていましたが、全然家賃よりやすくつきますし、心も安定します。そして、親の目があることで、まだ20代ということもあって無茶な遊びや金づらいを粗くできるはずもなく、使い道がなくなったお金が貯まるようになりました。ボーナスと合わせて、一括で多めに返済していくことで、利子の減額にもなっています。

 

 

ある意味いい経験になった気がします。

女性 38歳

かつて自分の夢を実現するために必要な経費としてクレジットカードのキャッシングを利用したことがあります。金額は総額で50万円ほどでしたが、2社から同時に借りていたので、フリーター当時の給料では返済が大変でした。実家暮らしだった為家賃はありませんが、毎日は昼食を抜かないとならないほどです。割と風邪を引いたり病気がちだったと思います。それでも夢の実現の為と思えば辛くなく、頑張っていられました。むしろその辛い環境こそが夢を追いかける当たり前の姿の様に思い込んでいましたが、やがて夢が叶う可能性が低く自分の才能がない事に気付いた時、返しきれてない借金がとても辛く虚しいものに感じ始めて酷く憂鬱に感じるようになりました。そこからキッパリと夢を諦め、定職につき2年ほどで完済することができました。ある意味いい経験になった気がします。

 

30歳 女性

借金をして返済が間に合わず、他社で借りてそれを返済に充てる。というやり方をして借金が膨大に増えていった過去があります。最終的に4社から借金をすることになりました。借りては他社で借りて返済、その返済に充てるためまた他社で借金をする…収入がなかったわけではなく、きちんと働いていたので収入は安定していました。それでもその収入を借金に充てようという発想にはならず自分の欲に勝てませんでした。欲に勝てない自分が嫌いでしたが、当時の私にはどうにもできなかったのです。借金があることを、親はもちろん友人にも言えずにいましたがそれが1番よくないことだったのかもしれません。私が相談した相手、借金を打ち明けた相手は恋人でした。彼が私の欲を制止してくれ、借金返済の計画を一緒に立ててくれました。1人で悩まず、信頼できる人に相談することが私の借金完済への道でした。

 

61歳 女性

主人がギャンブルにのめり込んでつくった借金を返済しました。
はじめて借金が発覚したのが、子供が大学生・高校生の頃です。200万の返済を促す封筒が届きましたが、当時我が家の家計は火の車でした。下の子も大学進学を目指しておりましたので、まだまだお金がかかる時期にまさかの借金発覚。頭が真っ白になりましたが、ひとまずは借金を返さなくてはという思いが強く、私の両親から預かっていた貯金と私が貯めていたヘソクリを返済にあてました。この時あまり主人を責めることもせずにサッサと返済してしまったのがよくなかったようで、この後も主人が100万単位の借金を作っては私が工面し…の繰り返しでした。もう無理だ、と思い仲人をしてくれた伯父夫婦に相談して主人をガツンと叱ってもらいました。それが懲りたのか、借金グセは今のところ落ち着いています。今まで誰にも言えませんでしたが、無事に返せてホッとしています。

 

 

離婚する時に借金が発覚しました。

42歳 男性

離婚する時に借金が発覚しました。自分では借金がないものだと思っていましたが、元嫁は自分の保険証を使って勝手に借金をしていました。もちろん自分の家に届く督促などは、自分が家に帰る前に元嫁がすべて回収していたので気づくこともできませんでした。離婚する時、元嫁は破産申告もしていましが先ほどの借金は自分の名義で勝手に借金されておりすべて自分が払う事となりました。しばらくはローン返済をしておりましたが、半年たっても元本が全く減らないことに気づきおかしいと思い
ローン会社に連絡し資料を取り寄せた所、金利が23%でした。法定利率を大きく上回る悪徳会社だったのです。ちょうどその時は離婚の手続等を弁護士の先生にお願いしていましたので、すぐにローン会社へ弁護士から連絡をいれていただき、過払い金請求と法定利率の金利に引き下げてもらいなんとか借金を返す事ができました。

22歳 女性

自分の趣味につぎ込んで、この1年間で80万の借金ができました。今地道にクレジットのリボ払いを使用して返済をしております。クレジットカードを4枚持っており全て上限まで使いました。毎月お給料の半分が返済で飛び、また家賃などの生活費もあるため毎月使えるお金は1円もありません。むしろ、マイナスな状態です。食費も1ヶ月3000円におさめて、相席屋などを利用して食費を浮かせています。現在はクレジットを使わないように1枚は解約をし、極力現金で払うようにしています。クレジットをたくさん持っている方は、まず枚数を減らすことからした方が良いかと思います。今は、周りの友達に私の体験談を話し、私のようにならないように呼びかけています。

36歳 女性

二十歳前後のの時は300~500万ぐらいありました。十年かからず返済いたしました。その時より今の方が辛いです。同棲相手が躁鬱病で仕事が続かず8か月無職です。今は私の給料のみで家賃を払うためにキャッシングを繰り返してます。私も障害があり一人で暮らすのだけのお金は稼げません。とても悔しいです。彼に働いて欲しいですがすぐ自殺未遂に走るので警察の対応が私も鬱陶しく何も言えなくなってます。カード会社のキャッシングができなくなると出勤の交通費もだせず家賃よりクレカ会社への返済を優先しなければいけません。月の収入が10万いかないので大人二人はとても暮らせません。生活保護を周りは勧めますが私も彼も生活保護には嫌悪感があるため利用する気になれません。毎日死にたいと思っています。職業に関係なく働いたお金はとても価値があると心底思ってます。

 

すごくアホなことをしたと後悔しました。

女性 26歳

23歳ぐらいの時にパチンコや、飲み代、ほぼ遊びなどで80万ほど借り入れしてしまい、その返済でいっぱいいっぱいになり携帯も滞納してしまったりした。まだ親と同居していた為、家にもお金を入れていましたが、それもだんだんとキツくなってきて親にもギリギリまで黙っていたが、結局切羽詰まり親に頭を下げて家に入れるお金を減らしてもらった。減らしたお金を借金の返済に充てたのでなんとか返済できました。めちゃくちゃ怒られましたし、妹にも散々言われ、とても情けなく思い、恥ずかしくなりました。すごく後悔しました。簡単にお金が借りれるのはほんとうに怖い事なんだなぁと実感しました。そして全て遊びに使っていたので、すごくアホなことをしたと後悔しました。

 

男性 39歳

わたしが10代の頃に、ギャンブルで友達に30万を借金していました。最初は、1万2、万のずつ数回に分けて借り、ギャンブルで負けた分は、ギャンブルで返そうと間違った考え方をしていて、結局うまくいかず、ちりに積もって30万に到達しギャンブルでは、返せなかったです。友達に借金している頃は、何事も上手くいかず、途方に暮れるばかりで、生きがいなんか全然感じられなかったです。結局、その借金は、地道にバイトをして返済し、友人には心底詫びて、ご飯をご馳走してあげました。この経験を生かし、今後は、絶対に借金はしないと思いました。一回、借金すれば2回も3回も借り、自分に甘くなりどんどん膨れ上がると思いますので、しっかりと自分の意思を貫き、絶対、借金しないだと自分に言い聞かせることが大事だと思いました。

 

男性 30歳

私は奨学金返済と、クレジットカードのキャッシングで返済に困った経験があります。それから、クレジットカードでの無駄な買い物もあり、返済が苦しくなりました。返しては借りてまた返しては支払えなくなるので借りる。の繰り返しで、なかなか完済することができませんでした。気づいたら利子の支払い額がすごく大きく借りたことを後悔しました。借金は簡単にできますが、業者から借りるのは最後の手段にしたほうがいいです。とくに、無利子で貸し出すなどの甘い言葉に乗っかってはいけません。お金は手元にあれば使ってしまいます。なければ、使いません。極力借りないことを心がけるしかありません。一度借金地国に、陥ってしまうとなかなか出てこれません。借りないように強い意志を持ちましょう。

 

私自身は借金は車のローンしかしたことがないのですが・・

女性 24歳

私自身は借金は車のローンしかしたことがないのですが、私の兄やお嫁さん、私の旦那のお姉さん、その旦那さんが借金をしていてすごく周りに迷惑をかけていました。
私の兄はカードの支払いや携帯電話の支払いを溜め込んでいて、最終的に私の祖母が全額支払っていました。私の旦那のお姉さんとその旦那さん達もカードの支払いが旦那の給料だけでは間に合わなくなり、ほかのカードで支払うと言う借金のループに陥ってしまいました。私の旦那のお姉さんの旦那さんは債務整理をしたのですが、お姉さんは最終的には専業主婦なのに借金が300万以上になってしまい債務整理ではどうにもならないと言う結論に至り、自己破産をしてお姉さんの名義は使えなくなってしまいました。

私の体験ではありませんが、借金をすると自分が苦しいだけでなく周りに迷惑がかかるということを知ってほしいです。

 

男性 37歳

借金はなるべくしたくは無いですね。色々と出費がかさむ時期などあるからそういう時は借金をする場所は有難いとはおもう。ある程度、頭が良く良い会社とかに入っていればこんなにお金に苦しむ生活をしなかったのかもしれない。余裕もあり、子供達のために貯金だってしてあげれたのかもしれない。
けど借金をしなければ生活が出来ないから借金をする。いつになったら返し終わるんだろうって思う。てゆうか今現在も思っている。
借金といっても家族の生活のためにかりてるんだが今は返済のために働いているような感じですね。
そういう家族の為とかの借金だからこそ仕事とかもがんばれるのかもしれない。
アドバイスとしては家族の為の借金なら借りても良いだろうけど、豪遊する為の借金ならしない方がいいです。

 

女性 23歳

旦那、私、子供2歳の3人で暮らしています。生活していく中で支払いなどが苦しく貯金も全くない状態だったので旦那の親に借金しました。情けない話旦那の収入が少なく私もパートで働いていました。毎月のやりくりをしながら旦那の親に毎月返済していくと約束したのですが、なかなか生活に余裕ができずなかなか借金が減らないままの状態でした。そこで私が旦那の扶養を抜けて正社員で働くと収入も倍以上になるのでこれなら返済していけると先が明るくなりました。でも、いざお給料が入るとお金があるのをわかってる旦那がお金をせびってくるようになりとても借金を返す余裕もなく、車も突然動かなくなりローンも倍の金額になり借金地獄になりました。20歳と若かったので旦那の親も、もういいよと言ってくれ借金をちゃらにしてくれたのですが、これからはもう二度と多額のローン、借金はしないと決めました。

 

初めて消費者金融を使い始めたたのは20歳のときでした。

37歳 男性

初めて消費者金融を使い始めたたのは20歳のときでした。もともとギャンブル好きで給料をもらっては、無くなるまでギャンブルをする生活の繰り返しでした。
初めての消費者金融での借り入れは10万円でした。借り入れしたお金でギャンブル勝負をして勝てばすぐに返してしまえば勝ち分はそのまま自分のものだと考えてしまい、それを実行した結果見事に成功しました。あまりにも簡単にお金が簡単に手に入れてしまいました。それから、お金がなくなったら借り入れすれば大丈夫と考えてしまいました。それからは、借り入れしたお金で勝負。全額無くなる。また、借り入れする。金額が膨れあがるのはあっというまでした。一年で300万円以上に。
そうなると返済も滞り、どこからも借り入れができない状態に陥りました。
今でも継続中です。
まともな生活はできません。その日暮らしが永遠に続きます。

 

26歳 女性

司法書士事務所で事務の仕事をしていました。
お金を借りる人には様々な人がおり、すでに何社にもお金を借りており返済のためにまた他の会社にお金を借りるという多重債務者や、ショッピング利用が重なり気が付いた時には返済できないほどになっていて債務整理を依頼する事になる人。結婚式の費用を借りた人、家を買うためにお金を借りた人、そもそも過払い金でお金を取り戻せることを知っていてお金を借り続けていた人など様々な理由で消費者金融にお金を借りる人が居ました。過払い金の話を聞いてお金が戻ってくると知って安堵しても、10年以上前の過払い金は時効が成立しており、結局過払い金は戻ってっ来ても少額で費用として払う分を引いたら0円に近いなんてことも。
お金を借りていい事なんてありません。様々な理由があったとしても借りる場所、利用すべきタイミングを間違わないことが一番です。

 

35歳 女性

これは借金をした方全員に言えるかもしれませんが、一括返済ができない以上、借金がなかなか終わらないことです。
毎月の返済額が1万円だったとしても、10万円借りていれば10か月以上かかります。また、毎月の返済額が小さいと、まだいけるだろうと重ねて借金してしまうことです。

すべて返済が終わる前に、新たな借り入れをしてしまい、毎月の支払いが多くなり、非常に厳しい日々を送ることになります。
もし借金をするならば、まだクレジットカードなどにしたほうがいいかもしれません。
リボ払い以外でしたら、一括払いで設定しておけば翌月の支払いになるので、
そこまで使い込むこともしません。
リボ払いは、毎月の返済月が小さく、これまた錯覚を起こさせます。

アドバイスがあるとすれば、借金をしている場合、1社のみにすることだと思います。

東京ロータス法律事務所 危険