元々肌は丈夫な方でしたが、高校生の頃から周りにつられてスキンケアを始めました。

スキンケアを始めたきっかけは、乾燥肌でファンデーションやフェイスパウダーを叩いたら粉を吹いてしまったことからです。肌を綺麗にするためには、身体の内部から綺麗にするべきだ、ということをWebや雑誌から知り、ダイエットも同時進行することにしました。

まずは、食事に関して、小麦粉の摂取、お菓子の摂取を控え、野菜やきのこ、魚や肉のおかずを充実させる食生活にしました。それに伴い、肌や髪の艶も出てきました。さらに、スキンケアについては、なるべく肌の乾燥を避けるために、こまめに化粧水をたっぷりつけることを意識しました。

また、下地にメルヴィータのオイルを染み込ませるようにしました。その結果、粉状のファンデーションやフェイスパウダーを使用したとしても粉を拭くことがなくなりました。ビハククリアが一番気に入って使っています。

 

元々肌は丈夫な方でしたが、高校生の頃から周りにつられてスキンケアを始めました。
すると生理前に必ず1つできていたニキビができなくなり、肌がみるみる白くなっていきました。
昔から日焼けをしては数か月で元の色に戻る方でしたが、スキンケアを初めて以来、戻りも早く、そもそも焼けにくくなった気がします。
今では色が白いだけで「肌がきれいだね」と褒められる事も増え、ちょっとお得な気分です。
また、スキンケア成分にも詳しくなっていきました。

この成分が入っている商品は美白効果がでやすいなとか、この成分が入っていると自分は肌荒れするんだなとか、そういった事にも早い段階で気付けたのは嬉しい誤算です。
おかげで挑戦したいスキンケア用品もある程度絞って試せるので、お財布にやさしいです。